今まさに、ベランダに締め出しされているときの対処方法はこちら

まずは、落ち着いてください。

洗濯物干しやベランダの観葉植物に水やりをしているときに、
小さなお子さんに鍵を掛けられてしまい、ベランダに取り残さたという状況からの脱出方法について説明します。

ベランダに締め出されたといっても、このページを読んでいるのでしたら、スマホはお持ちだということですから、大丈夫です。

ただ、脅かす訳ではありませんが、たかがベランダといっても、そこから動けないことで様々なリスクがあります。

夏の昼間なら熱中症、低層階だと蚊に襲われたり、冬の夜だと逆に低体温症が心配です。
それに何より小さなお子さんが家の中に一人でいては、何が起きるかわかりません。
慌てる必要はありませんが、一刻も早く家の中に入れるように、以下の対処方法を参考にしてください。

この順番で、試してください。

1)子供に開けてもらう

誤って親を締め出してしまうくらいですから、お子さんは1~3才くらいでしょうか?

大きな声を出したり、怒ってしまっては逆効果です。

笑顔で手招きして、窓ガラスのカギを指さして、鍵を開ける動作を真似てください。

このくらいの年齢の子は、大人の動作を真似ることが多いので、うまくすれば何かのゲームと思ってカギを開けてくれるかもしれません。

これでダメでも怒らずに、次の手を試してみましょう。

2)同居家族に連絡

お子さん以外の家族がいれば、まず電話してみましょう。
同居家族なら合鍵をお持ちでしょうから、一時間以内に帰ってきてもらえるようなら、
到着を待つのもありでしょう。

お仕事中などで連絡が付かない、若しくは、仕事を中断して帰ってこれないようなら、次の手があります。

3)鍵開け業者に連絡

民間の鍵開け業者に連絡して、玄関ドアを開けてもらい、ベランダへのサッシのカギも開けてもらいましょう。

早ければ10~20分で来てくれて、15分ほどの解錠作業で開けてくれることが多いようです。
費用は8,000~15,000円くらいかかりますが、あなたとお子さんの安全のためですから、この出費は無駄ではありません。

業者に鍵開けを依頼するときの注意点として、業者はその部屋の所有者若しくは同居家族からの依頼でないと鍵開け作業を進められないのです。

通常は玄関ドアの外に締め出された人がいて、本人確認後に作業を開始できますが、ベランダ側に閉じ込められていると、それができません。

そこで、住所を伝えたあと、今閉じ込められているベランダが見えるところに業者を誘導して、ベランダに閉じ込められていることを業者に目視してもらう必要があります。
状況が状況ですから、ベランダに取り残されていることが目視できれば、電話で本人確認をしてくれるはずです。

連絡する業者は、口コミ評判が非常によく、かつキャンセル料が無料のこちらがいいでしょう。

鍵屋が到着するまでの間は、子供さんに鍵を開けてもらえないか、何度か1)の方法を試してみてください。
それで子供に開けてもらえたら、鍵屋はキャンセルすればいいですから。

鍵開け業者の多くはキャンセル料として6,000~8,000円くらいのキャンセル料を取るところがほとんどです。
何の作業もしていなくても、業者への依頼電話を切った瞬間からキャンセル料が発生するところが多いのですが、
「鍵の救急サポートセンター」は数少ないキャンセル料無料の業者ですので、今回のような場合はありがたい業者です。

玄関ドアにU字ロックやチェーンロックが掛かっていても鍵開け業者は対応できますので、ご心配なく。

体調が心配なときには、こんな手もあります。

4)119番に助けてもらう

ベランダに閉じ込められただけだと119番には掛けにくいですが、
真夏日で熱中症のリスクがあるとか、真冬の夜中で低体温症に危機にさらされているなど、命にかかわる状況でしたら、119番にかけて、助けを求めてください。

119番は消防署ですが、レスキュー活動もこちらで受け付けていますので、上記のような状況でしたら、躊躇なく電話してください。

ただ、レスキュー隊がバタバタと来てくれるのはありがたいのですが、近所の目には何があったんだと思われてしまうことは必至です。
ちょっとおおごとになってしまいますが、緊急のときは119番を利用してもよいでしょう。

スマホがあるなら、やらなくてもいい事

  • ・管理人に連絡
  • ・大声を出して近所や通行人に知らせる
  • ・実家に連絡
  • ・低層階ならベランダから飛び降りる
  • ・ガラスを割って入る

これらはやらなくていいし、特にベランダから飛び降りたり、ガラスを割るのはケガする危険もあるので絶対やめてください。

最近は、管理人でも合鍵を持っていることはまずありません。
近所の人や通行人もあなたの家のカギを開けることはできませんし、近所の人や通行人が鍵開け業者に連絡しても部屋の所有者の依頼でなければ業者は作業をできません、

実家は、もしお近くで合鍵を預けているのでしたら連絡しましょう。合鍵を渡していなければ、いたずらに心配させるだけですから連絡しなくてもよいでしょう。

スマホがあれば本人が鍵業者に直接連絡したほうがスムーズです。

また、例えば1階であればベランダを乗り越えて外に出ることも可能ですが、玄関のカギはかかったままですから、
結局は、合鍵を持っている人に来てもらうか、鍵屋に開けてもらうしかありません。

無駄におおごとにしないほうが、よいでしょう。

ベランダに締め出されたときの対処法のまとめ

ほんとにスマホをお持ちでよかったですね。

上に挙げた順で試せば、少なくと3番の民間鍵開け業者に頼む時点で、解決するでしょう。

次からは締め出されないように、サッシのカギの位置を高いところに付け替えるか、2部屋に面しているベランダでしたら、2部屋ともサッシのカギを開けてからベランダに出るようにすれば、締め出されることはほぼなくなるでしょう。

今まさに、ベランダに締め出しされているときの対処方法はこちら トップへ ↑