自転車の鍵紛失!お金がかからない順に試す5つの解決方法はこちら

自転車の鍵紛失!お金がかか・・の画像

自転車の鍵をなくした場合でも、焦らないでください。
何とかなるから大丈夫です!

できるだけお金がかからない順に解決方法を説明します。

1) 身の回りを探す
2) 家にスペアキーを取りに行く
3) 交番でカギを壊してもらう
4) 自転車屋でカギを壊してもらう
5) カギ開け業者に頼む


その場ですぐにできること

その場ですぐにできること・・の画像

  • 無料

まずは、落ち着いて身の回りを探してみましょう意外とあっさり見つかることも多いものです。

いつもと反対側のポケットに入れていたなんてこともよくあります。
スーパー帰りでしたら、品物と一緒に買物バックに放り込んでませんか?
思いあたるところを全部探してみてください。

もし、管理人が常駐している有料駐輪場に止めていたら、管理人に事情を話して助けを乞いましょう。
鍵を壊す道具を常備していることが多いので、防犯登録や本人確認はあるかもしれませんが、無料でカギを壊してくれるでしょう。


家にスペアキーを取りに行く

家にスペアキーを取りに行く・・の画像

  • 無料
  • 時間はかかる

当たり前すぎですが、家に予備のカギがあるなら取りに帰るのが余計な出費なくすみます。

自転車で来た場所なら、何とか歩いても戻れる距離でしょう。
家に家族がいれば途中まで、持って来てもらってもいいと思います。

自転車を買う時に、カギを2~3本付けてくれることが多いので、わざわざ合鍵を作っていなくても予備のカギは、どこかにあると思います。
置き場所の察しがついていれば、一度、家に戻るのもアリでしょう。

スペアキーがない、どこにしまったか見当がつかない場合は、次の手を検討してください
⇒「交番でカギを壊してもらう」を読む


自分で無理に開けない

自分で無理に開けない・・の画像

自分でするのは、スペアキーを取りに行くまでで、それ以上、無理して自分でなんとかしようとしないほうがいいです。

『自転車 鍵 自分で 開ける』などで検索すると、色々な方法が出てきます。

  • ・巨大ペンチで鍵を壊す
  • ・500円傘を分解し中の金具を使う
  • ・針金2本使ってピッキングする

自分で無理に開けない・・の画像

でも、どの方法もハタから見ると、かなり怪しい姿です。

通報されたり、職質されるリスクすらあるでしょう。

自分でするのではなく、逆に警察を頼ってしまいましょう。


交番でカギを壊してもらう

交番でカギを壊してもらう・・の画像

  • 無料
  • 防犯登録が必須
  • 身分証が必要
  • 鍵は壊される
  • できない交番もある
  • 基本は持ち込み

交番に持ち込めば、無料で鍵を壊して開けてもらえます。
非常にレアケースですが、うまくお願いして状況が許せば、現場まで来てくれることもあるそうです。

ただ、制服姿の警官に、現場まで来てもらって身分証とか見せている姿というのは、はたから見ると決して世間体のいいものではありません
下手したら容疑者に見間違われかねません。

交番でカギを壊してもらう・・の画像

これが旅先ならともかく、自転車で移動できる範囲の近所ですから、知り合いが通りがかるかもしれません。
近所の噂好きなおばさんに見られたら、どんな噂になって広まるか分かりませんから、現場に来てもらうよりも交番に持ち込むほうがおおごとにならずにいいと思います。

詳細はこちら!
警察で壊してくれる場合とダメな場合

交番が近くにない場合は、
次の「自転車屋でカギを壊してもらう」を参考にしてください。

防犯登録していない、
身分証を持っていない、
自転車が重い、
ワイヤーロックで柵に繋いだ、
夜間で近くに交番もない、
カギが高機能過ぎて交換代が高そうという場合は、
交番でも自転車屋でも対応が難しいので、
カギ開け業者に頼む」ことを検討してください。
⇒「カギ開け業者に頼む」を読む


自転車屋でカギを壊してもらう

自転車屋でカギを壊してもら・・の画像

  • 2000円くらいでカギ破壊
  • 2000円くらいでカギ追加
  • 基本は持ち込み
  • 防犯登録は必須
  • 本人確認は必要

費用は、カギの種類や店の考え方によって違いはありますが、
カギを破壊するだけなら2000円くらいで対応してくれる自転車屋が多いです。
新しいカギを付けるのは、カギの種類によりますが、2000円前後でしょう。
カギ破壊と取り付けを同時にお願いすれば、少し値引きしてくれる店もあります。

買った自転車屋だとベストですが、そうでなくても対応してくれるので、最寄りの自転車屋を頼ってください。

自転車屋で鍵の取り換えをしてもらうのも、警察と同じで、
自転車屋への持ち込みが基本になります。

ですので、持ち込めるかどうかは、
現場と自転車屋との距離や、持ちやすい自転車かどうかによって判断してください。

こちらが参考になります。

⇒「持ち運べるか」を読む

店数こそ少ないのですが、出張対応してくれる自転車屋もありますので、
電話するときに、現地まで来てくれるか確認するとよいでしょう。

ただし、出張対応している自転車屋は少数派ですので、ダメ元で聞くくらいの感覚でいてください。

自転車屋にお願いするのは、警察に頼むのと非常に似ています。
基本は、持ち込みですし、防犯登録や本人確認が必要ですし、カギは破壊されます。

少しだけ違うのは、
若干費用はかかりますが、
本人確認は、警察よりは融通が利く店もあるということです。

このあたりは店によってマチマチでしょうから、電話で事前に聞いてください。

まずは、こちらのボタンから近くに自転車屋があるのか探してから、判断されるとよいでしょう。

自転車屋が近くにない場合は、
次の「カギ開け業者に頼む」を参考にしてください。


カギ開け業者に頼む

カギ開け業者に頼む・・の画像

  • 1万円くらい
  • ・駆け付けてくれる
  • ・破壊せずに解錠してくれる
  • ・どんな状況でも対応

カギ開け業者に頼めば

警察や自転車屋との大きな違いは、
現場に駆け付けてくれることです。

自転車が動かせない状況のときは、何よりありがたいサービスです。

駆け付け時間は、都市部であれば、
15~30分くらいが目安となります。

加盟店の多い鍵開け業者ほど、早く駆け付けてくれます。

作業時間は、自転車の鍵の解錠くらいでしたら、
おそらく一瞬で開くことが多いでしょう。

料金について

きちんとした鍵開け業者の料金は、ほぼ横並びで、
8,800円~となっています。

自転車の鍵開けなどは、かなり簡単な部類に入るので、
最低価格の8,800円で対応してもらえる可能性が高いです。

自転車屋で鍵を壊してもらうのと比べると高いですが、
自転車を半分持ち上げて運ぶ労力を考えたら納得できる金額だと思います。

しかも、カギを壊さずに解錠してもらえば、
交換代が数万円にもなる高機能カギの場合、かえって安上りになることもあります。

こんな時は鍵開け業者が便利

カギ開け業者に頼む・・の画像

自転車が動かせない場合

柵や電柱などにワイヤーロックで固定して動かせない場合や、
電動アシスト自転車が重くて、とてもじゃないけど交番や自転車屋まで持ち込めない場合は、現場まで駆け付けてくれる鍵開け業者の独壇場になります。

防犯登録し忘れていた

防犯登録がない、もしくは前の持ち主のままだった場合、警察や交番はもとより、自転車屋でも対応してもらうのは難しいでしょう。
こういうケースでも鍵開け業者は頼りになります。

身分証を今、持っていない

身分証がないと警察は対応してくれませんし、自転車屋も難しい店もあるでしょう。

鍵開け業者は、玄関カギの解錠のときも本人確認をしてから作業に入るのですが、その際に、身分証明書がないから作業しないということはありません。

なんとかしてくれますので、電話で依頼の際に相談してみてください。

カギを壊したくない
カギが高機能で、交換費用が万単位になりそうときは、鍵開け業者に、カギを壊さずに解錠してもらうのが、結局は安くつきます。

どうしようもない

カギ開け業者に頼む・・の画像

500m以内に交番も自転車屋もない場合や夜間で、自転車屋は閉まっているし、近くに交番もない場合などは、24時間対応の鍵開け業者を頼ってください。

カギ開け業者の選び方

ただ気を付けなくてはならないのは、相場より高い料金を吹っ掛けてくる業者も、いまだに少なからずいます。
そこで、安心して頼める鍵開け業者の選び方をまとめておきます。

  • 業者選びのポイント
  • ・電話でおおよその見積りが聞ける
  • ・作業前の現地でのキャンセルが無料

特に「現地でのキャンセルが無料」というのは大事です。

電話でおおよその見積り金額を教えてくれる業者は、珍しくありませんが、
各社が揃って言うのは、「現場を見ないと正確な見積りができません」との一言を必ず付け加えてきます。

ひどい業者になると、電話では安めに言っておき、現地に来てから吹っ掛けてきて、
断ろうとすると、では現地キャンセル料が6,000円かかかります。
と言ってくる業者が、残念ながらいまだに居るのが現状です。

このページを読んでいるあなたには、こんな業者に引っかかってほしくありません。

現地でキャンセルしても無料の業者を選ぶことで、上記のようなトラブルに巻き込まれることはなくなります。

キャンセル無料の業者は、見積りも良心的なので、他の鍵開け業者に比べて安くなる傾向がハッキリあります。
鍵開け業者を使うなら「現地キャンセル無料」の業者と覚えてください。

具体的な業者名でいうと、

  • カギ110番 

  • 鍵の救急
    サポ-トセンタ-

  • カギの生活救急車

この3社が現地キャンセルしても無料の業者になります。

見積りが高いと思えば断れるので、料金トラブルになることもなく、3社とも口コミ評判も良好です。

カギ開け業者に頼む・・の画像

ただ、カギの生活救急車のホームページには、「※場合により料金が発生する可能性がございます。」と記載があり、具体的な条件は書いていないので、ちょっと注意が必要です。

急いでいるときは一番拠点数が多いカギ110番を利用すればよいでしょう。

公式ページの最短到着時間を見ても、
カギ110番       
鍵の救急サポートセンター 30
カギの生活救急車     15~20

カギ110番がずば抜けています。
かつては、最短到着時間なんて言ったもん勝ちみたいな状態で、小さい業者でも最短15分と書いてありましたが、
最近は消費者庁が厳しく、拠点が少ないのに最短到着時間が短いと容赦ない指導が入ります。
そのため、
公式ページに記載された到着時間は信頼のおける数字なのです。

自転車の鍵紛失 トップへ ↑