カギの110番・カギの救急車の評判と料金

カギの110番・カギの救急・・の画像

鍵が開かない!そんなときに真っ先に思いつくのが「カギの救急車」だという人は多いです。
鍵開けサービスの代名詞ともなっている「カギの救急車」についてその実力を詳しく見てみましょう。


1) カギの救急車の特徴
2) カギの救急車の類似業者が多すぎ
3) 本物のカギの救急車の見分け方
4) カギの救急車の評判
5) カギの救急車の鍵開け料金
6) 到着するまでの時間と拠点数
7) カギの救急車の営業時間や営業日
8) カギの救急車をまとめると

カギの救急車の特徴

カギの救急車の評判や料金を見る前に、カギの救急車の特殊事情について知っておいたほうがよいでしょう。

  • カギの救急車は1つの会社が行っているサービスではなく、
  • 多くの鍵屋さんの集合体となっています。

「複数のカギ屋が同じ商標のもと設立した、日本唯一の法人団体」で、全国25都道府県に100店舗以上の加盟店があります。
鍵開け業界のなかでは、大きなネットワークを作り上げた組織の一つと言えるでしょう。

カギの110番・カギの救急・・の画像

一応、このネットワークを束ねるため、
一般社団法人 カギの110番・カギの救急車という名前の本部がありますが、あまり強制力がなく
実際の運営は加盟店ごとに行うため、
加盟店によって料金やサービスに違いがあります。

ちなみに『カギの110番・カギの救急車』という欲張った名前ですが、おそらく昔にカギの110番という屋号でやっていたグループとカギの救急車でやっていたグループが統合して、どちらも譲らなかったため、こんな分かりにくい名前になったのだと思います。

ホームページも本部が運営しているものと、加盟店が独自に出しているものが混在していて、分かりにくさを増長しています。

カギの110番・カギの救急・・の画像

加盟店のホームページは、ここに挙げたものは一例で加盟店ごとに色々なパターンがあります。

このように、カギの救急車はただの看板であって、
同じ料金、同じサービスを提供する訳ではないということを知っておいたほうがよいでしょう。

カギの110番・カギの救急車の評判と料金の目次へ ↑


カギの救急車の類似業者が多すぎ

さらに、カギの救急車の加盟店でない会社が、カギの救急車に似た商号を使っていることも多く、混乱を極めています。
「カギ24救急車」
「カギの24時間救急車」
「鍵の24時間救急車」
「鍵の110番救急車」・・・

等がありますが、
これらは本家のカギの救急車とは無関係のものです。

類似業者が多い原因の一端はカギの救急車自体にもあると思います。
カギの救急車の正式名称が「カギの110番・カギの救急車」という分かりにくい名前の上、
加盟店のホームページが統一されておらず、各店バラバラなデザインで、しかも素人が作ったようなショボいホームページが多いことが、紛らわしい類似業者が入り込む隙を与えてしまっていると思えてなりません。
パッと見の印象では類似業者のサイトのほうが公式に見えて、正式なカギの救急車の加盟店のほうが、逆に類似サイトのように見えてしまっています。

カギの110番・カギの救急車の評判と料金の目次へ ↑


本物のカギの救急車の見分け方

そこで、ここでは、
本物のカギの救急車を見分けるポイントを簡単に説明しておきます。

いくつかのカギの救急車の加盟店のサイトでは、本物の証として、

カギの110番・カギの救急・・の画像

黄色の専用車で行く

カギの110番・カギの救急・・の画像

制服を着ていく

カギの110番・カギの救急・・の画像

身分証を提示する

などを挙げていますが、正直、来てもらってから判断できても遅すぎます。

類似業者のなかには現地に来るだけで、否、現地到着前でも依頼した時点で、キャンセル料や出張料が発生すると主張してくる業者もいますから、依頼する前に、本物かどうか分からなければ意味がありません。

そこで、サイトを見た時点で、本物かどうか判断するポイントをお伝えします。

カギの110番・カギの救急・・の画像

サイトに以下のようなロゴがあるか?

カギの110番・カギの救急・・の画像

この赤いマークが最大の見分けるポイントになります。
本家のカギの救急車のサイトには、サイトのどこかにこのマークが必ずあります。

さすがに類似サイトでロゴまで真似したサイトは見たことがありませんので、この赤いマークがあれば、ほぼ本家のカギの救急車だと思って間違いないでしょう。

カギの110番・カギの救急・・の画像

サイトに以下のようなキャラクターが載っているか?

カギの110番・カギの救急・・の画像

それに加えて、こちらのイギリスの兵隊さんのような犬のキャラクターが乗っていれば、さらに本家のカギの救急車である可能性が高まります。
このキャラクターも本家以外のサイトでは見かけたことがありません。

逆に、本家のカギの救急車であっても、このキャラクターを乗せていないサイトは多くありました。
このキャラクターが乗っていないから類似サイトだということにはなりません。

カギの110番・カギの救急・・の画像

またサイト上にこんな黄色い車が載っているか?

カギの110番・カギの救急・・の画像

加盟店は、「カギの救急車」とロゴの入った黄色い車を使用しており、この車の写真をホームページに載せていることも多いです。


以上が、ホームページを見たときに本物かどうか判断できるポイントです。

「カギの救急車」とよく似た商標を使用している会社のなかには悪徳業者も紛れています。
気軽に見積もりを頼んでしまうとキャンセルしても、出張料やキャンセル料を請求されてしまうトラブルが多発していますので、
「カギの救急車」に依頼したいときは、電話する前に、ホームページを見た時点で、必ず上記の点を確認するようにしてください。

カギの110番・カギの救急車の評判と料金の目次へ ↑


カギの救急車の評判

カギの救急車を実際に使った人の反応は、

  • カギの救急車の良い評判
  • ・難しい鍵にも対応してもらえた
  • ・接客態度が良かった
  • ・対応が早かった
  • ・知名度が高いので信頼できる
  • ・防犯の相談にものってもらえた
  • ・クレジットカード払いにできた
  • カギの救急車の悪い評判
  • ・鍵やトラブルの種類によっては高額
  • ・現場到着が遅い
  • ・ニセモノの業者が多くて紛らわしい

カギの救急車の評判や口コミのまとめ

カギの救急車については悪い評判が少なく、良好な口コミが多く、
「技術力が高く接客態度もよいが、鍵の種類によっては若干高い」と感じた人が多いようです。

また注意しなくてはいけないのは、カギの救急車のサービスや料金は統一されていないので、上記の口コミがすべての店舗に当てはまるわけではないことです。
例えば、クレジットカード対応できない店舗もありますので、口コミは参考程度に捉え、必ず依頼時の電話で詳細を確認してください。

類事業者や加盟店のなかでの条件の違いに気を付けて、
問い合わせ時の確認をしっかり行えば、カギの救急車は安心して利用できる会社と言えます。

 

カギの110番・カギの救急車の評判と料金の目次へ ↑


カギの救急車の鍵開け料金

カギの救急車の料金は店舗によって異なります。ただ、おおよその標準料金のようなものはあります。

  • ギザギザの一般的なカギの解錠は
  • 出張費を含めて
  • 1万円(+消費税)
  • に設定している加盟店が多いようです。

鍵開け業界全体の相場が、
8千円~1万2千円と言われているので、
ほぼ相場通りと言っていいと思います。

ただ注意が必要なのが、解錠料金の加盟店ごとの違いはそれほど大きくないのですが、深夜料金などのオプション価格に大きな違いが発生することがあります。
例えば、同じ県内であっても、深夜割増料金は、
加盟店Aは、 +5,000円(+消費税)
加盟店Bは、+12,000円(+消費税)
とかなりの料金差があります。

また店舗によってはホームページで料金表を公開していない場合があります。
その場合は実際に対応エリアの店舗に電話等で問い合わせ、料金等を確認してください。

後払いやクレジットカードを利用したい場合は、それらに対応してくれるのかも店舗に直接確認するといいでしょう。


カギの110番・カギの救急車の評判と料金の目次へ ↑


到着するまでの時間と拠点数

到着時間は明記されていませんが、

  • 口コミや拠点数から考えて、
  • 1時間みていれば大丈夫でしょう

カギの救急車は全国25都道府県に100以上の拠点を構えています。
拠点数100以上はカギ開け業者ネットワークとして大きいほうです。

さらにカギの救急車は無理に全国展開せずに25都道府県しかカバーしていません。
これは1つの県内に複数の拠点があるということです。
単純計算すると1県あたり4拠点、大都市ではもっと多いでしょう。

サービス提供地域における拠点数は十分です。

拠点数が多いほど、到着時間が早まりますが、カギの救急車は本部による振り分け方式でないため、
たまたま連絡した加盟店の作業員が他の現場に取り掛かっていたりで到着に時間がかかる場合もあるようです。

このような事情から、ものすごく早いわけではないものの、
カギの閉じ込め現場がどこであれ、1時間あればおおよそ到着できる拠点数となっています。

カギの救急車の全国展開状況


北海道
青森
秋田岩手
石川新潟山形宮城
福井富山群馬栃木福島
山口島根鳥取兵庫京都滋賀長野山梨埼玉茨城
広島岡山大阪奈良岐阜愛知静岡東京千葉
長崎佐賀福岡和歌山三重神奈川
熊本大分愛媛香川
鹿児島宮崎高知徳島
沖縄

カギの救急車の拠点のある都道府県に色付けしています。

  • カギの救急車の拠点がない地域
  • 青森県、秋田県、山形県、福島県、新潟県、茨城県、群馬県、山梨県、静岡県、岐阜県、富山県、石川県、福井県、三重県、滋賀県、鳥取県、島根県、広島県、山口県、香川県、愛媛県、宮崎県

 
カギの110番・カギの救急車の評判と料金の目次へ ↑


カギの救急車の営業時間や営業日

カギの救急車の加盟店は、
営業時間や営業日が統一されていません

年中無休、24時間営業の加盟店もある一方で、日祝休みで8:00~19:00営業のお店もあり千差万別です。

  • どの加盟店も営業しているのは、
  • 平日の10:00~19:00

この時間帯でしたら、ほとんどの加盟店が対応可能です。

これ以外の時間帯は、夜間料金や深夜料金がかかる加盟店もありますので、他のカギ開け業者を検討してもいいかもしれません。

カギの110番・カギの救急車の評判と料金の目次へ ↑


カギの救急車をまとめると

カギの救急車をまとめると、

  • ・加盟店によって料金が異なる
  • ・多くの加盟店は相場並み
  • ・深夜割増がある加盟店もあり
  • ・到着時間は平均すれば遅くない
  • ・営業日、営業時間が統一されていない
  • ・悪い口コミは少ない

一番有名な鍵開け業者ネットワークでありながら、本部での統率がゆるく、加盟店ごとに条件がバラバラなのがとても残念なところです。
いい口コミは多いのですが、自分が依頼する加盟店が口コミ通りなのかは、依頼するまでわかりません。

カギの救急車に頼むなら、

  • ・自分で最寄りの店舗を調べて
  • ・電話して、詳細情報を確認

この手順を踏むことが重要です。

電話番号は、代表番号がなく加盟店ごとに異なりますのでお近くの加盟店の電話番号を調べる必要があります。

検索すると類似業者と間違えやすいので、こちらのリンクから辿ったほうが確実です。
⇒ 一般社団法人 カギの110番・カギの救急車の公式ページはこちら

カギの110番・カギの救急車の評判と料金 トップへ ↑