ドアチェーンが外れないとき対応できる鍵開け業者一覧

ドアチェーンが外れないとき・・の画像

玄関にある鎖のドアチェーンが外れなくなって外に出れなくなるケースは実は多いのです。

カギのトラブルではないので、鍵開け業者を呼んでいいか迷うところですが、ドアチェーンが外れないときに対応できる業者はたくさんあります。

その中でも口コミ評判のいい業者だけに絞って、こちらに挙げておきます。業者名をクリックすると特徴や口コミの詳細が見れます。

鍵業者名 ドアチェーン開錠 セールスポイント
鍵の救急車加盟店によって異なる 老舗
カギ110番対応可 急ぎなら
カギの生活救急車対応可 キャンセル無料
カギのトラブル救急車対応可 Tポイントたまる

 


ドアチェーンを開ける料金は

ドアチェーン開錠に対応している会社にとっては難しい作業ではないので、おそらく1万円前後で開けてくれる業者が多いでしょう。

料金見積もりは、一般的な鍵開け業者は現地見積もりを基本としていますが、ドアチェーンを外すくらいの作業の場合、電話して聞いてみれば、おおよその修理費用を教えてもらえることもあります。
できるだけ聞き出して、相場よりも極端に高い場合は、見送りましょう。


ドアチェーンを急いで開けたいなら

もし急ぎなら、拠点数が多いカギ110番が、早く来てくれる可能性が高いです。

連絡先はこちら、

⇒ カギ110番の電話番号


ドアチェーンを自分で外すには

ドアチェーンが外れないときに、ドアの内側にいるのであれば、自分でできる対処法もあるので、鍵開け業者に頼む前に、試してみてください。

最初に思いつくのは、ノコギリなどでチェーンを切ってしまうという方法ですが、最近の鎖は家庭用ノコギリでは、ほとんど切れないのでおすすめしません。

まずは、ドアチェーンをしっかり観察してください。

掛け金が、溝に硬くはまって動かないときは

こんなときは、カナヅチで、軽く何度か叩くと、スッと抜ける場合があります。
あくまでも軽くやってください。強く叩きすぎると、溝や掛け金が変形して、事態をもっと悪化させてしまいますので、細心の注意を払ってやってください。
自信のない人や、カナヅチがないときは、この時点で鍵屋を呼んだほうが安全です。

鎖の長さが短くて、穴まで届かないときは、

おそらくは、鎖がねじれて短くなっていることが考えられます。

鎖を一定方向にネジってみてください。
さらに短くなってしまったら、逆にねじってみてください。
鎖に余裕が出たようであれば、それで外れることが多いです。

もし、あなたの家のドアチェーンが鎖の長さを調節できるタイプでしたら、極端に短くなっていないか確認してください。
もし短く調整されていたら、鎖の長さを長くすれば、簡単に開くことが多いです。

上記の方法をすべてやっても外れないときは、

ドライバーがあれば、ドアチェーンの台座のネジを外してしまいましょう。
ただ、ドアが開いた状態でないと回せないような位置にネジがあると、この方法は使えません。

また、物凄くネジが硬い場合が多く女性の力だと外せないこともあるようです。
普通にやってネジが回らなければ、ドライバーのグリップ部分に太い輪ゴムをグルグル巻くか、濡れタオルで包んで持ち手を大きくしてからやれば、力が弱くても回る場合があります。

これもダメでしたら、

鍵開け業者に相談してみてください

以下の表では、各業者名が公式サイトへのリンクになっています。

鍵業者名 ドアチェーン開錠 セールスポイント
カギ110番対応可 急ぎなら
カギの生活救急車対応可 キャンセル無料
カギのトラブル救急車対応可 Tポイントたまる

 

ドアチェーンが外れないとき対応できる鍵開け業者一覧 トップへ ↑